野菜作りの良い土・堆肥

良い土とは

植物は土に根をおろします。
その根は土の中の水分、養分を吸収しています。

また、土の中で根が植物の体全体(葉や茎)を支えています。

そんなことから根の生育は植物の成長と密接な関係があります。

そのため、ガーデニングはもちろん家庭菜園を楽しむためには必ず良い土を選びましょう。

それでは良い土の条件とはどんなものでしょう?

@通気性が良いこと
意外と知られていませんが根も呼吸しています。

常に新鮮な空気を送ってあげることが大切。

空気の通りの良い通気性に優れた土を選びましょう。

A排水性が良いこと
気を付けていても必要以上に水を与えてしまうことがあります。
余分な水が 溜まると根腐れの原因となります。
根腐れ防止のため水はけの良い土を選びましょう。

B保水性が良いこと
適度な水分を保ち、必要以上の水は流してしまうようなバランスの良い土。
土を触ったときに少し湿り気を持っているような保水性の良い土を選びましょう。

C保肥性が良いこと
肥料の効果を長く保つのも、実は土の影響が大きいのです。
じっくり長く肥料効果を保つ土を選びましょう。

D質の良い有機物を含んでること

有機物(堆肥など)は、土壌微生物の働きを活発にし、常に良い土壌環境を作ります。

堆肥の話し

新しい土(当ショップ販売の培養土など)を使って野菜などを植えるときは、堆肥を施す必要ありません。
一度使った畑の土やプランターの土で植物を再び植える場合は古い土の再生のために堆肥が欠かせません。

堆肥は微生物を増やし良い状態の土を作ります。
固まっていた土をほぐし、通気性や排水性を良くするだけでなく、微生物の働きで、保水性、保肥性まで良くしてくれます。

「堆肥は肥料と同じ?」ってよく聞かれますが、肥料の役割をする堆肥もあれば肥料効果のない堆肥もあります。

それぞれを栄養堆肥(肥料効果あり)とフカフカ堆肥(肥料効果なし)と呼んでいます。(この呼び方は地方やメーカーなどで違うようですが・・・。)


まず栄養堆肥
牛ふん・鶏ふん・油かすなどの肥料分を多く含んだ堆肥で、フカフカ堆肥に比べると植物の繊維分が少ないため、固まった土などをほぐす効果は、いまひとつですが、栄養分があるので土壌改良と合わせて肥料効果を持ち合わせています。

ただ、販売されている栄養堆肥の肥料分がどれだけあるのかが、分かりにくいため、追加肥料が多すぎたり、少なすぎたりすることがあるので注意が必要。

次にフカフカ堆肥
フカフカ堆肥は、落ち葉・ワラ・モミガラなど植物の繊維を多く含んだ堆肥。
栄養堆肥のように栄養分は含んでいませんが、土をフカフカにする効果は抜群。
通気性、排水性、保水性、保肥性を良くします。

ただ、栄養分は別の肥料で補ってあげなければいけません。



石灰の役割

新しい土を使って野菜などを植えるときは、石灰は必要ありませんが、一度使った畑の土やプランターの土で植物を再び植える場合は石灰が必要です。

雨が多い日本では土壌は酸性になりがちです。
土壌が酸性になると、根が傷められたり、リン酸が吸収されにくくなったりします。

また、土壌に有用な微生物も住みにくくなります。

酸性土壌は、野菜作り、ガーデニングなどの植物を育てるにあたって悪い状況なのです。

多くの野菜は弱酸性から中性の土壌を好みます。
そうした中で土壌酸度を矯正するのに石灰が使われます。
大きな畑で野菜を作る場合は、使用量が多くなることから消石灰やクド石灰といった安価な石灰を使うことが一般的です。
ただ、消石灰やクド石灰は、初心者には施し方が難しく家庭菜園で野菜作りを行う程度なら天然石灰を使うのが簡単でお薦め。

消石灰やクド石灰と天然石灰の違いとは?
@消石灰やクド石灰は土に混ぜてすぐに植物を植えてはいけません。
植物を傷めてしまうので植物の植え込みまで2週間程度必要です。
その点、天然石灰の場合は土に混ぜた直後に植物を植え込めるので便利です。

A消石灰やクド石灰は空気や水に触れるとかたく固まってしまい、その固まりに植物の根が触れると植物の根が傷んでしまいます。
その点天然石灰の場合は、土になじみやすいので、消石灰やクド石灰ほど 念入りに土に混ぜなくても大丈夫。