作りやすい野菜と病気の予防について

作りやすい野菜

年々、家庭菜園(野菜作り)が人気です。

おうちに畑がなくても貸農園などを使って週末のガーデナーなんてのも増えてるそうです。

でも、初心者さんがいきなり畑ってのもとっつきにくいってご意見も、そんな方はプランターでの野菜作りから挑戦してみては?

畑にしろプランターにしろ自分で行う家庭菜園なら、農薬をできるだけ使わず野菜作りができますしね・・・。
安心の有機野菜も楽しむことができますね。

「家庭菜園を始めよう!!」

って思いたち、お子様にせがまれ、いきなりスイカやメロンに挑戦って方も多いのでは?

それも良いんですが、いきなり難しい野菜や果物に挑戦すると、挫折なんてことにも・・。

まずは、簡単な野菜作りから始めましょう!!

■つくりやすいもの

葉茎菜、根菜類全般や一部の豆類、イモ類は、つくりやすい野菜です。

例えば

ラディッシュ・小カブ・シソ・うまい菜・大根・インゲン豆・ソラ豆・サツマイモなど

■少し手間が必要、でも難しくはないもの

果菜類の一部や葉茎菜の一部

例えば

ミニトマト・ナス・トウガラシ・シシトウ・レタス・キャベツ・ネギなど

■難しく技術が必要なもの

甘くおいしい果物など

例えば

スイカ・メロン・トマトなど



病気予防

家庭菜園で悩まされるのが病気。

病気が発生してから対策を施しても手遅れってことも、また有機野菜や無農薬野菜栽培なら薬品も使えないので、早めに野菜が病気にかからないように気をつけてあげましょう。

■病気にかからないためのポイント

@日当たり、風通しの良い場所で育ててあげましょう。

A密植は避けましょう。(植物が混み合った状態ですと、害虫のすみかになりやすい。)

B古い用土を使うときは、太陽熱で消毒し、微生物が多く含まれた堆肥を混ぜましょう。

C雨などの泥ハネから病原菌が付着することがありますので、泥ハネには気をつけて。

D病気が出始めた植物は早く取り除きましょう。(伝染します。)

E葉や茎を触りすぎたり、傷つけたりしないようにしましょう。

F病気に強い品種や接木苗を使いましょう。

以上のポイントに気をつけながら小まめに管理してあげれば大丈夫。

きれいな土で、清潔に、小まめに管理が基本です!!