野菜は皮ごとでアンチエイジング


普段の料理では使わずに捨ててしまうことの多い野菜や果物の皮。
最近の研究で皮の部分にもさまざまな効果があることが分かってきたそうです。

野菜の皮で免疫力アップ?!

新宿白澤記念クリニックの医学博士、白澤先生によると
野菜の皮などの部分には「ファイトケミカル」という栄養素が多く含まれているのだそう。

ファイトケミカルは、野菜や果物、芋、豆、海藻、お茶、ハーブなどの植物性食品の色素や香り、アクなどの成分の化学物質で、免疫力アップなどさまざまな健康効果があるとされています

身近なものだと、赤ワインのポリフェノールやトマトのリコピン、人参のカロテンなど。
人参も皮を捨ててしまってはもったいないんですね。

ファイトケミカル驚きの3つの効果

植物が紫外線や害虫から身を守るために自ら作り出した色素や香り、苦み、辛みなどに含まれる機能性成分がファイトケミカルです。

そんなファイトケミカルには、以下のような働きがあるのだそう。

抗酸化作用
抗酸化作用で細胞老化の原因である活性酸素を抑えるため、
美肌効果などアンチエイジングの他、ガンや生活習慣病の予防効果があります。

抗炎症作用
アトピーなどのアレルギー、リウマチなどの関節炎の炎症を鎮める作用が期待できます。

免疫力アップ
風邪などの感染症を予防したり、ガンになりにくい身体を作ります。

食材宅配の無農薬・有機野菜なら皮ごとでも安心!

ファイトケミカルを多く含む野菜は皮ごと食べた方が良いことが分かりました。

皮ごと料理に使うか、または皮だけでなく種やヘタなどの野菜くず全部を煮込んだダシを作るのも良いそうです。

その野菜くずでとった「ベジブロス」というダシは栄養満点なのだそう。
今まで捨てていたもので栄養が摂れるってとても嬉しいですね。

私も以前から野菜の皮は何となく体にいいと知っていましたが、スーパーで買った野菜は農薬が気になってやはり皮などの部分はいつも捨てていました・・。

ですが、無農薬・有機が多いらでぃっしゅぼーやの野菜ならそんな心配はいりません。
安心して丸ごと全部使えますよね!

ファイトケミカルを含む食物を上手に摂って、健康なカラダを維持したいですね。

有機・無農薬野菜宅配ランキング


>>お取り寄せ体験写真付きランキングへ<<

新鮮な有機・無農薬野菜をお安く試して見たい方にオススメのランキングです。
私のお取り寄せ体験レビューも掲載しています!
180-Woman02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする